コンパニオン宴会~上司へのマナーは?

コンパニオン宴会~上司へのマナーは?

会社での宴会やパーティなどに出席する機会が多い、という方も多いのではないでしょうか? 基本的に、宴会は楽しいものですがお客さんの接待や、上司が多く出席するものとなれば、少し気が重くなってしまうものです。しかし、宴会の席でうまく立ち回ることができれば、高い評価を得られたり、その後の仕事をうまく進めるきっかけにしたりできるかもしれません。

そんな宴会の中でも、女性コンパニオンを呼んでのものとなると、お酌をはじめとするサービスは女の子がやってくれます。なので、どうすればいいのかわからなくなってしまうことも多いようです。

そこで、ここではコンパニオン宴会の際の上司へのマナーについてお話ししましょう。ちょっとだけ気の重い上司との宴会や、接待の席をチャンスに変えましょう。



素直に自分も楽しむことが大切

宴会料理のイメージ画像
会社関係の宴会の席では、自分が楽しむことよりも場を盛り上げることや、上司やお客さんを楽しませることをばかりを考えてしまいがちです。もちろん、その姿勢は大切ですが、自分も素直に楽しむことが大切です。特に、コンパニオン宴会の場合は、女の子が場を盛り上げてくれますので必要以上に気を遣うのではなく、自分も一緒に楽しむようにしましょう。 あまりに気を遣いすぎていると、どうしても場の空気はかたいものになってしまいます。それが宴の席をシラけさせてしまう原因になることもあります。表面上は楽しんでいるフリをしていても、本当に一緒に盛り上がれなければ、それは同席している人にも伝わってしまうものなのです。



主役は上司やお客さん!その意識を持ってハメを外さないように

上司へのマナー
素直に宴会を楽しむといっても、ハメを外していいというわけではありません。上手に自分をコントロールできるように、お酒の飲み過ぎなどには注意しましょう。「主役はあくまで上司やお客さん」という意識を持つようにしましょう。

宴会ゲームなどの際には、上司やお客さんを立てるように立ち回るのは当然として、コンパニオンの女の子をうまく誘導することも忘れないようにしてください。そうすれば、あとは接客のプロであるコンパニオンが上司やお客さんを楽しませながら、場を盛り上げてくれるはずです。その状態に持って行くことができれば、あとはハメを外してしまわなければ問題ありません。


コンパニオン宴会では、上司やお客さんに対してどう接すればいいのかわからない方も多いかと思います。ここでご紹介したことを頭に入れておけば、大きな失敗をすることはありませんし、上手に自分を売り込むこともできるでしょう。