マナーを守ってコンパニオンと楽しく遊ぶ

マナーを守ってコンパニオンと楽しく遊ぶ

宴会やパーティなどの宴の席では、ついハメを外してしまいがちです。もちろん、みんなで盛り上がって楽しく過ごすことは大切です。宴の席でなければ過ごせない時間があるはずです。

そんな宴会を盛り上げてくれるのがコンパニオンです。彼女たちは言わば宴会を盛り上げるプロですので、もっと場を華やかに彩ってくれます。だからと言って、彼女たちに何をしてもいいというわけではありません。しっかりとマナーを守らなければ、一緒に楽しい時間を過ごすことはできません。

では、コンパニオンに対して、どこまでのサービスを求めることができるのでしょうか? 「遊んだ経験がないから、ルールがはっきりとわからない……」そんな方も多いはずです。

そこで、ここではコンパニオンに対する接し方、マナーなどについてお話したいと思います。あなたもマナーをしっかり守ってもっと楽しい時間を過ごしましょう。



お酒の飲み過ぎに注意!自制心は大切!

飲みすぎた人
まず大切なのは、お酒を飲み過ぎないことです。アルコールは適量であれば、もっと宴会を楽しく盛り上げてくれるものです。しかし、飲み過ぎてしまうと自分をうまくコントロールすることができなくなってしまいます。飲み会などで、お酒を飲み過ぎてしまって上司に失礼な発言をしてしまった…そんな失敗を経験したことがあるという方も多いでしょう。

相手はいくらお酒の席になれている女性コンパニオンとは言っても、飲み過ぎてあまりに失礼な発言や行動をしてしまうと、せっかくの宴の場が台無しになってしまいます。しっかりと自制心を持って、自分をコントロールできるところまでで抑えるようにしましょう。



エッチなサービスはどこまで期待していいの?

過剰に期待している男
女の子を目の前にすると、男性であればちょっとだけエッチなサービスを期待してしまうものです。では、コンパニオンにはどこまでのサービスを求めることができるのでしょう?まず、大前提として頭に入れておかなければならないのが、風俗ではありませんので、ピンサロのような性的サービスを受けることはできません。

ある程度エッチなサービスにも対応してくれるピンクコンパニオンでも、当然性的なサービスはありません。軽いボディタッチや、脱衣程度が限界だと考えておきましょう。それも基本的に強要すべきではありません。あくまで、場の盛り上がり次第……そう考えておきましょう。


相手は女性コンパニオンだから、何でも言うことを聞いてくれる……そんな風に考えている方もいらっしゃるかもしれません。ですが、しっかりマナーを守らなければ宴の席を台無しにしてしまうことになります。注意しましょう。