コンパニオン宴会での宿泊施設へのマナーは?

コンパニオン宴会での宿泊施設へのマナーは?

社員旅行や出張などの際に、ホテルや旅館などの宿泊施設で宴会をする機会もあるでしょう。毎年、旅先での宴会が恒例になっているという会社も多いかと思います。そんな旅先での宴会と言えば、やはり女性コンパニオンがつきものです。何でもない飲み会の延長線上にあるようなメンバーでの宴会でも、そこにコンパニオンの女の子が加われば、一気に場が華やかになります。

そんな華やかな宴会の席では、いつもよりもハメを外してしまう……なんて方もいらっしゃるでしょう。ですが、宴の席だからといって、マナーを守らなくてもいいわけではありません。周囲に迷惑をかけることになってしまっては、楽しい宴会を台無しにしてしまうかもしれません。

ここでは、そんなコンパニオン宴会でのマナーの中でも「宿泊施設への気遣い」についてお話します。



そもそもコンパニオンを呼べない宿泊施設もある?

客室のイメージ画像
最初にチェックしておきたいのが、その宿泊施設でコンパニオン宴会が可能なのか? という点です。宴会場のあるホテルや旅館であれば、どこでもコンパニオンを呼ぶことができると考えている方も少なくないようです。しかし、宿泊施設によってはコンパニオンをはじめとする外部サービスが利用できないケースもあります。また、利用できても提携しているところのサービスしか受けられないという場合もありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

また、コンパニオンは呼べても、ゲームなどで使用する道具の持ち込みがNGとなっていることもありますので、この点も事前にチェックしておくと安心です。

これを確認せずにコンパニオンを呼んでしまい、トラブルになるケースもあります。せっかくの旅行や宴会でトラブルが起こってしまうと、せっかく盛り上がった気分が台無しです。



宴会場も公共の場であることを忘れずに

マナーを守ろうのイメージ画像
大勢で盛り上がり、騒ぐことのできる宴会場とは言っても、あくまで公共の場であることを忘れないようにしましょう。すぐ隣で、ほかのグループが宴会や食事を楽しんでいるケースもありますので、周囲に迷惑をかけないように注意してください。

女性コンパニオンがやってくると、いつもよりテンションが上がってしまうのは仕方のないことですが、あまりに騒ぎすぎてしまうと周囲に迷惑をかけることになります。大人として、最低限のマナーを守りながらコンパニオン宴会を楽しみましょう。



上司やコンパニオンに対してだけでなく、宴会の会場となる宿泊施設に対するマナーも大切です。ここでご紹介したことを頭に入れた上で、コンパニオン宴会にのぞみましょう。